踊らないインド人と踊る日本人

【君に】インド人と結婚手続きをする方法!の巻【届け】

ナマステ!

夫がインド人の、関西人アラサーOLりりです(^-^)

今回は、インド人と結婚(結婚手続き、婚姻登録、入籍)をする方法の実体験レポです!

備忘録兼、私もネットでめっちゃ調べたので、誰かの参考になればいいな!!!\(^-^)/

 

とにかく書類を揃えるのが面倒くさい

インド人と婚姻登録(入籍)をする方法は、めっっっっっちゃ面倒くさいです\(^o^)/笑

その理由とは…

 

一般的に、国際結婚の手続きで必要な書類は

・婚姻届

婚姻要件具備証明書

・戸籍謄本

・パスポート です。

 

婚姻要件具備証明書(こんいんようけんぐびしょうめいしょ)とは、独身証明書のような書類で、大使館または領事館でゲットすることができます。

*ちなみに、大使館と領事館の違いは、本店と支店のようなイメージです( ´▽`)

 

ところがどっこいインドは、国として「婚姻要件具備証明書」を作ってないので、代わりに3種類の独身証明書が必要になります。

しかも、その3枚のうち2枚はインドで取る必要があります(笑)

婚姻要件具備証明書」さえあれば1枚で済むのに……(>_<。)

f:id:namasteindia:20181026211321p:image

インドで先に結婚手続きをする方法

結婚手続きは、日本とインドのどっちで先に手続きをするかで、必要な書類が変わります!!

(日本とインドの両方で婚姻登録する必要があります。)

ちなみに、私は1週間インドに滞在して、宗教婚の儀式(!)をする事になっていたので、先にインドで婚姻登録→日本に反映しよう…と思っていたのですが、

申請〜申請完了までの期間(最低でも1ヶ月)インドに滞在しておかないといけないようです。

さらに、夫がパスポートを作った州と、今実家のある州が違っていて、「パスポートを作った州での手続きになる」と言われてしまいました(´・_・`)

パスポートを作った州は大学時代に下宿していた所で、行くのに1日かかるため、結局、日本で先に結婚手続きする事にしました!

f:id:namasteindia:20190317172150j:image

一応、インドで先に婚姻登録をする場合に必要な書類は…

【日本人側が用意する書類】

①パスポート

② ①を英訳した書類に、外務省の認証印を押してもらったもの(アポスティーユ、公印確認と言います。外務省のHPから申請できます)

③戸籍謄本

④ ③を英訳して、アポスティーユ手続きをしたもの

独身証明書(①~④を持って、インドの日本大使館で作ってもらう)

⑥証明写真2枚

 

①~⑥が揃ったら、インドの婚姻登録事務所(district magistrate office)に行きます。

その他、⑦宗教婚の婚姻証明書 ⑧年齢、住所を証明する書類(運転免許証など)などが要求されることもあるそうです。

【インド人側が用意する書類】

・パスポート

 

書類がOKであれば、婚姻登録事務所の掲示板に貼り出されて、1ヶ月間公示されます。

誰も異議を言ってこなければ、婚姻成立です☺︎

 

その後、3人の証人(親や友達)を連れて婚姻登録事務所へ行き、登録官の前で宣誓書にサインすれば、インド側の婚姻登録手続き完了!だと聞きましたが…実際にやってないので、確証はありません…m(_ _)m

また、各州によって必要書類は違うそうなので、その州の裁判所に聞くのがおすすめです!!

★インドでの宗教婚レポはこちら★ 

www.namasute.life

日本で先に結婚手続きをする方法~市区役所編~

f:id:namasteindia:20190318231427j:image

私はこの方法で婚姻登録(入籍)できました( ´▽`)

ですが、各市区町村によって違うそうなので、提出したい市区役所に聞くのが確実です!だいたい一緒らしいけども!!

 

【日本人側が用意する書類】

・戸籍謄本

・婚姻届

・身分証

【インド人側が用意する書類】

①本人の宣誓供述書(AFFIDAVIT)

② ①の和訳

③親族の本国裁判行政官認証入り申述書(実際に取得した書類には「AFFIDAVIT VERIFICATION」と書かれていました)

④ ③の和訳

⑤所属州大臣の未婚証明書(「TO WHOM IT MAY CONCERN(ご担当者様)」と書かれていました)

⑥ ⑤の和訳

 

あと⑦「在日領事館の独身証明書」も必要だと言われましたが、インド領事館で①を取った時に聞いたら「①で⑦の内容は証明できてる」と言われたので、市役所に提出する前に法務局に行って聞いたら「大丈夫!」と言ってもらえました。

市役所で提出する時は「法務局が大丈夫だと言ってました!」で、押し通しました☺︎(笑)

市区役所で提出する時は、時間外受付の窓口ではなく、担当者がいる窓口で出すのがおすすめです!

また、時間があれば法務局に行って提出書類を事前に確認してもらうのもおすすめです!(インド人側の書類は、法務局でチェックされます)

※出生証明書について※

インドの出生証明書は、生まれたときの1回しか発行してもらえないらしいので、もし提出が必要な場合、コピーを提出する方がおすすめです!

(提出した原本は返ってこないし、インドでの再発行もできない為)

私たちの市は提出しなくて良かったですが、提出するように言われる市区町村もあるようです。

ちなみに、インドでは男性は21歳以上、女性は18歳以上〜結婚できます◎

f:id:namasteindia:20210526114922j:image

各書類についての詳細

①本人の宣誓供述書(AFFIDAVIT)

彼(彼女)自身で、自分は独身だと宣誓する書類です。

先ほどちょっと述べたように、インド領事館で取れます。直接行く場合、事前に電話をするのがおすすめです!

②④⑥和訳

和訳は業者さんに頼む方法もありですが、7〜8,000円ぐらいかかるので、私はGoogle翻訳使って自分でしました\(^-^)/

ネットで「宣誓供述書 和訳」と検索すると、いろんな国の訳した様式が見れるので、それを参考にしました。

書類に押してある印影も、ワードで◯とか半円の形を挿入して、印影の中に書いている文字も訳しました。

③親族の本国裁判行政官認証入り申述書

親族が「私の子供は独身です」と申述し、インドの裁判行政官の印を押してもらった書類。

⑤所属州大臣の未婚証明書

住んでいる州の大臣(日本で言う県知事)が独身だと証明している書類。

③⑤は、インドにいる彼の家族が取得して、結婚式で来日した際に受け取りました。

インドの裁判所窓口で取ることができます。

インドにご家族が住んでいるなら、家族に頼むのが1番楽だと思います…

頼む人がいない場合は、郵送でも取得できるそうです。

彼(彼女)に、裁判所に電話して聞いてもらうのが確実です!!

「氏変更届」

あと、私は名字を彼の名字(カタカナ)にしたので、「氏変更届」も提出しました。市区役所でもらえます! 

 

夫婦別姓にするか悩んだんですが…将来、子供とお父さん(彼)の名字を同じにして、家族で同じ名字にしたかったのと、絶対子供はハーフになるので、初めからハーフって分かるような名字の方が良いかな?とか…

何が正解か分からんなあ(゜_゜)

日本で先に結婚手続きをする方法~法務局インタビュー編~

f:id:namasteindia:20181026211345p:image

市区役所に婚姻届を出しても、まだ手続きは終わっていません!(´・_・`)笑

1~2週間後に、法務局から電話がかかってきます。

インド人側の書類は英語のため、市区役所ではなく、法務局に照会をかけるそうです。

 

日時を電話で決めたら、法務局に2人揃って行きます。

出会った場所や、相手の職業などの簡単な聞き取りが行われます。

問題がなければ、もう一度市役所に書類が回され、婚姻登録(入籍)が完了します☆

 

市区役所に婚姻届を提出してから、約1ヶ月で完了します。

入籍日は、市区役所に婚姻届を提出した日になります( ´▽`)

日本で先に結婚手続きをする方法~インド領事館編~

f:id:namasteindia:20181026211217j:image

日本側の婚姻登録(入籍)は完了しましたが、次はインド側にそれを反映する手続きになります。

最短3ヶ月ぐらいでできると思いますが、手続き中はパスポートが使えないようなので、ハネムーンから帰ってきてから手続きを始めても良いと思います☺︎

 

「日本側だけの婚姻登録(入籍)でも、インド入国ビザなど問題なく取れます」と、書いてあるサイトもありましたが、インド側で、まだ彼(彼女)は独身のままなので手続きした方が良いです!

無料相談した行政書士さんもそう言ってました!!笑

 

①新姓でパスポートを取る。(私は名字をカタカナに変更したので必要でしたが、別姓の場合は取らなくて良いのかな…)

②彼(彼女)のパスポートの裏面に、配偶者である自分の名前を載せる手続きをする。(「Name of Spouse」と言います)

まず、戸籍謄本と婚姻届受理証明書を取り、外務省(MOFA)に認証してもらいます。外務省のHPから申請(郵送)できます!

認証してもらったら、英訳します。

③  ②と、彼(彼女)のパスポート、在留カード、インドのマイナンバーカード、自分の新旧パスポートを準備して、全てコピーを取る。

④親や友達など、3人に証人を頼む。

その3人のパスポートを両面コピーする。(写真のページと裏表紙の前のページ)

⑤2人で写っている写真を準備する(私はインドでの宗教婚の写真にしました)

①~⑤を持って領事館(大使館)へ行く。事前に電話で予約をしました。
郵送でもいける…のかな?

 

領事館からもらった、準備する書類一覧

f:id:namasteindia:20181025223838j:image

⑥彼(彼女)の新しいパスポートができる。郵送で送ってもらいました。

裏面に、配偶者である自分の名前が載っています。

⑦領事館に、1ヶ月間2人の写真が張り出される。誰も異議を申し立てなければOK。

⑧1ヶ月後、領事館から連絡が来るので、3ヶ月以内に3人の証人と共に出向く。 私の場合は、自分の父母と彼の友達(インド人)に証人になってもらいました。 パスポートと、インド人の場合在留カードも持って行く。

⑨領事の前でサインする。

⑩完了。お疲れ様でした!!!!!!!!

日本で先に結婚手続きをする方法~配偶者ビザ編~

ちなみに、同時に5年のインドへのエントリービザ(配偶者ビザ)の申請もしました。 準備書類は

・自分のパスポート

・ビザの申請書類

・戸籍謄本の原本と英訳

・夫のパスポートの裏面コピー(配偶者である自分の名前が載っているページ)

・夫の書いたビザ発行のリクエストレター でした。

領事館のHPより

f:id:namasteindia:20181025223904j:image

5年で申請しても、領事判断で3年しか許可されないケースもあるらしく、どうかなーと思っていたら…5年取れました!\(^-^)/

10年で申請してもいけたかな٩( ᐛ )و

婚姻登録と同時に申請するのがおすすめかもです!

 

パスポートの持ち歩きにおすすめなのが「パスポートケース」です(^O^)

最後までご覧いただきありがとうございました!

ダンニャワード(ヒンディー語で「ありがとう」)☺

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アジア人)へ
にほんブログ村

インドへの日本土産&インドへ持って行って良かった物!の巻

ナマステ!夫がインド人の、関西人アラサーりりです(^-^)

出産を機に退職し、専業主婦として育児に奮闘中です☺︎

今回、インドの義実家へ持って行った日本からのお土産はこんな感じです☺︎

お義母さんは、お義兄さん一家と同居しています〜(^^)

f:id:namasteindia:20220923113127j:image

インドから持って帰って来た、インド土産はこちら

www.namasute.life

 

インドへの日本土産①食べ物、お菓子

Twitterかどこかで、インド人への日本のお土産は、卵が入ってない「シュガーバターの木」が良かった(^-^)と言うのを見ました。

チャイに漬けて食べても美味しそう〜!

ネットで「卵不使用 お菓子」と検索すると、他にも卵や乳製品不使用で作った焼き菓子(クッキー、フロランタン、マフィン、焼きドーナツ)などがあり、自分が食べたくなりました(^o^)

常温保存できるのも嬉しい!

ただ、うちの義実家の場合は、火曜と木曜以外なら卵が食べられる(お義母さん以外…)ので、卵を使っているお菓子にしてみました(^^)

夫が「会社で色々日本国内のお土産もらって食べた中で、仙台銘菓萩の月』が一番美味しかった!」と言うので、萩の月にしました☆

見た目も丸くてインドのスイーツっぽい!?

あと、逆に全然インド感のないお菓子?!と言うことでカロンも持って行きました。

評価は、マカロンより萩の月の方が好評で、美味しいと言っていました〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

インドのお家にオーブンがあるなら、お家で卵なしクッキーを作っても良いかもです!

インドの家族に「何か日本食作って☺︎」と無茶振りされる事があるので、昔、白玉粉を持って行ったことがあります〜(^^)

サバイバルレシピはこちら

www.namasute.life

インドへの日本土産②化粧品

義実家に、日本のお土産何が良い?と聞いたら、お義兄嫁さんから「日本の化粧品が良い」とリクエストがあったので、化粧品も持って行きました。

ネイル、リップ、アイライナー、フェイスパック、あとヘアゴムとマスクです☆

ちなみにネイルホリック(KOSE)、マキアージュのリップ(資生堂)、リキッドアイライナー(KATE)、フェイスパックはメディヒールにしました。

f:id:namasteindia:20220923110632j:image

お義母さんだけ卵入りのお菓子を食べられないので、お義母さんのはちょっとお高い化粧品にしよう…と思っていた所、夫から「インドで未亡人はリップしないと思うよ」とか言われてしまいました…( i _ i )

(お義父さんは20年前に病気で亡くなっています)

なので、リップとアイライナーの代わりにポプリを付けときましたm(_ _)m

評価は、フェイスパックはまず「どうやって使うの?」と聞かれ、あまり効果を感じてもらえなかったようで不評でした。

アゴムは日本っぽい?水引の付いているデザインのものにしましたが、そもそも水引の存在を知らなかったようで、評価は微妙でした。。。笑

日本に住んでたら、コンビニや100均でも冠婚葬祭用の封筒売ってるし、水引見たことあるかな〜って感じやけど、リサーチ不足でした(^o^)

ネイル、リップ、アイライナーは好評でした!

インドへの日本土産③ポケモンの本(英語)

甥っ子(お義兄さんの子供)に、ポケモンブームが来ているようです(*'▽'*)

お義兄さんに、甥っ子がよくポケモンのキャラクターの話をしてくるそうなんですが「何のキャラクターが何かよく分からない」と言っていたので、ポケモンのキャラクターブックを持って行きました!

f:id:namasteindia:20220923110732j:image

確かAmazonで買いました。

英語なので、インドでも売ってるかな〜と思ったんですが、書店では見たことないそうです。

英語なので甥っ子の勉強にもなりそう!

f:id:namasteindia:20220923111851j:image

インドへの日本土産④甥っ子に天体望遠鏡、レゴ、ポケモングッズ

そんな7才の甥っ子向けに、天体望遠鏡を持って行きました!

義実家で組み立てました。

遠くのショッピングモールの電飾が大きく見える!と好評でした(^-^)

月はあまり良く見えなかった…

f:id:namasteindia:20220923110839j:image

あと、レゴの知育トイブック「メカメカツクール」も持って行きました。

作り方が日本語で書いてあったので、夫と私が作りましたが、喜んでいました☺︎

でもブロック数個が一瞬でどこかへ行ってしまった(´-`).。oO

あと甥っ子から熱いリクエスがあった、ポケモングッズも持って行きました。

帽子を被って、タオルを首に巻いて、モンスターボール(中にエコバッグが入っています)を持ってポケモンごっこをしてました☺︎

インドへの日本土産⑤姪っ子にビーズ、レゴ、腕時計、ふわふわスリッパ

6才の姪っ子(お義姉さんの子供)向けに、ビーズ、レゴの知育トイブック「カラコロピタン」、ハローキティの腕時計、ふわふわスリッパを持って行きました!

f:id:namasteindia:20220923110922j:image

お義姉さんは少し離れた場所に住んでいるので、姪っ子に直接渡すことは出来ませんでしたが、喜んでいたそうです(^-^)

番外編☆お絵かきボード

子供が飛行機の中で遊ぶ用に、100均のお絵かきボードを持って行きました。

f:id:namasteindia:20220923111005j:image

これがなんかめっちゃ好評で、甥っ子だけでなく、夫の友達からも「今度お土産で買ってきて!似たやつ作ってインドで売ったら売れるよ〜(^^)」と好評でした。笑

絵を消すとき、マジック!とか言ってた(^o^)

インドへ持って行って良かった物3選!

今回、お土産や必須アイテムのにインドへ持って行って良かったな〜と感じた物はこんな感じです!

常備薬、流せるティッシュ、暑さ対策グッズ(帽子、接触冷感タオルなど)は必須アイテム☺︎

インドへ持って行って良かった物①スリッポンまたはサンダル

インドへ持って行って良かった物①は、スリッポンです(^-^)

長時間の飛行機の中でも、足が蒸れなくて楽ちんです!笑

インドは家の中で、スリッパの代わりにビーチサンダルを履くことが多い!?ので、ビーチサンダルもおすすめですが、スリッポンだと蚊から足を守れるかも!☺︎

インドへ持って行って良かった物②スマホポーチ

インドへ持って行って良かった物②は、スマホポーチです(^-^)

インドの寺院では大きい鞄を持って入れない事が多いので、スマホ+現金少しだけ入るぐらいの大きさのスマホポーチを持って行くと役立つかもです。

日本でも使えるし、両手が空くので子供の抱っこもやりやすい⭐︎

インドへ持って行って良かった物③ジップロック

インドへ持って行って良かった物③は、ジップロックなどのフリーザーバッグです(^-^)

インドで不織布の袋はよく見かけますが、ジップロック的な、ジッパーが付いているナイロン製の袋はあまり見かけないかも…

f:id:namasteindia:20220923111908j:image

SIMなどのなくなりやすい物を入れたり、財布とは別でお札をカバンに入れる時に使ったり、またインド滞在中は使わない日本円を入れてスーツケースに隠したり…と、色々使う場面が出てくるので多めに持って行っても良いかも!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ダンニャワード(ヒンディー語で「ありがとう」)☺︎

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アジア人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

 

 

 

 

>

【カシミール旅行】シュリーナガルから日帰り☺︎ドゥードパトリ観光!の巻

ナマステ!夫がインド人の、関西人アラサーりりです(^-^)

出産を機に退職し、専業主婦として育児に奮闘中です☺︎

今回は、約1ヵ月の子連れインド帰省中(1歳8ヶ月)に行った、カシミール旅行レポのドゥードパトリ、またはドゥードゥパットリ(Doodhpathri)観光編です!

f:id:namasteindia:20220909134912j:image

 

シュリーナガルから日帰り☺︎ドゥードパトリ!

カシミールの絶景スポットは山の上が多く、馬で数時間かかるそうなんですが、ドゥードパトリは車で山の上まで行けるよ〜!と友達から教えてもらったので、シュリーナガルから日帰りで行ってみる事にしました☺︎

泊まらなかった理由は、ホテルが周辺にあまりなかった事と、1日で回れるかな?と思ったからです!

f:id:namasteindia:20220908160608j:image

ただ、パハルガム観光編でも書いたんですが、5月のカシミールハイシーズンなので、ドライバーが1時間ぐらい遅刻してくる事が多々ありました( i _ i )

もし、約束してたドライバーが1時間以上遅刻して来たら、片道2時間かかる山道のため、帰り暗くなるし日帰りは難しいので、、、プランBを考えておきました⭐︎

プランBは、ドゥードパトリは諦め、インドの高級五つ星ホテル、タージホテル系列の「ヴィヴァンタ バイ タージ ダル ビュー スリナガル(Vivanta Dal View, Srinagar)」でランチして、夜も五つ星ホテルの「ザ ラリット グランド パレス スリナガル(The LaLiT Grand Palace Srinagar)」でディナーしよう!という五つ星ホテル巡りプランです(^^)♡

ですが、今回のドライバーさんは良い人で、約束の時間より少し前に来てくれました。残念!笑

f:id:namasteindia:20220908155759j:image

「ミルクの谷」へ!

ドゥードパトリはヒンディー語「ミルクの谷(Valley of Milk)」という意味です。

ドゥード(doodh)はミルクという意味で、水が乳白色に見える!?そうです(^-^)

昔、カシミールの有名な聖人がこの辺りの牧草地で祈りをささげるために、地面を棒で刺して水を探していたら、牛乳が出てきた!と言われています☺︎

乳白色に見えるような、見えないような…

f:id:namasteindia:20220908153541j:image

パトリ(pathri)は、石という意味です。

確かに、大きな石がゴロゴロしてました(^-^)

この石がゴロゴロしているエリアを過ぎると、広い芝生エリアがあり、たくさんの人がピクニックをしていました☺︎

f:id:namasteindia:20220908153505j:image

私たちも、とうもろこし売ってたので食べました〜(^^)

観光ツアー?の人に、馬に乗ってもっと山の上まで行かない?と勧誘されましたが、また次回って事で断りました(๑・̑◡・̑๑)

f:id:namasteindia:20220908150709j:image

あと、スタンプタイプのメヘンディを初めてやってもらいました♡

f:id:namasteindia:20220908153353j:image

f:id:namasteindia:20220908153401j:image

スタンプ押してもらって1分ぐらいで乾いたので、ヘナじゃないのかな…

メヘンディについてはぜひこちらをどうぞ(^^)

www.namasute.life

ドライバーさんと交流

ドゥードパトリは、シュリーナガルから車で片道2時間、往復4時間かかるので、ドライバーさんといっぱい喋りました(^-^)

夫曰く、黄色いナンバープレートの車は政府に登録しているドライバーで、白色のナンバープレートだと個人のドライバーだそうです。

今回は白色の個人のドライバーさんでした☺︎

普段はホテルとレストランで勤務しているそうで、ハイシーズンだけドライバーの仕事もしているそうです。

約束の時間よりいつも早く来てくれるし、ガイドもしてくれてめっちゃ良い人だった…!

良いドライバーさんと巡り会えたら、旅行中全ての運転を任せる為に、5日とか通しで予約する事もあるそうです。

あと、ナンバープレートが黄色だと、観光地に入る時に、通行料払って!と言われる事がありますが、白色だと地元民だと思われて、通行料免除になる事があります。

何の通行料??って感じですが…(^-^)

また、カシミールではベンツマークの付いた車をたくさん見かけました。

f:id:namasteindia:20220908155817j:image

ベンツのパチモンかな〜と思ったんですが、この旅行中に20台以上見かけたので、何か別の意味があるマークなのか?と思い、帰国後インド人の友達に聞いてみたら、嘘ベンツと言ってました(^o^)

あと、カシミールの名物カワティーは、ドライバーさん曰く、茶葉(緑茶の茶葉!)を煮出す時にシナモンとカルダモンをたくさん入れるのがポイントだそうです☆

f:id:namasteindia:20220908153418j:image

カシミールの名物でもう1つ有名なのが、ヌーンチャイという塩を入れたピンク色のミルクティーです。

カワティーより茶葉(これも緑茶の茶葉!)を多めに入れて煮出し、重曹を加えて煮て、さらにを加えて煮て、最後に牛乳を加えるそうです。

重曹を加える事でピンク色になるらしい〜!

チャイについてはぜひこちらをどうぞ(^^)

www.namasute.life

これでカシミール旅行レポは終わりです〜☺︎

最後までご覧いただきありがとうございました!

ダンニャワード(ヒンディー語で「ありがとう」)☺︎

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アジア人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

 

 

 

 

>

【カシミール旅行】インドでキャンプ!パハルガム3泊4日☺︎の巻

ナマステ!夫がインド人の、関西人アラサーりりです(^-^)

出産を機に退職し、専業主婦として育児に奮闘中です☺︎

今回は、約1ヵ月の子連れインド帰省中(1歳8ヶ月)に行った、カシミール旅行レポのパハルガム(Pahalgam)観光編です!

 

f:id:namasteindia:20220824155440j:image

【1日目】シュリーナガルからパハルガムのアル・バレーへ!

1日目は、シュリーナガル(Srinagar)のホテルからパハルガム(Pahalgam)地域のアル・バレー(Aru Valley)というエリアにあるホテルへ、タクシーで移動しました☺︎

バレー(Valley、発音はバリィ)は、英語で谷という意味です☆

所要時間は2時間半ぐらいで、3500円を支払いました。

f:id:namasteindia:20220823233835j:image

シュリーナガル編でも書いたんですが、カシミールではUberが使えないので、流しのタクシー運転手と交渉して連れて行ってもらう必要があります…

前日に、連れて行っても良いよと言ってくれたタクシー運転手さんが居たので、ホテルで待ってたんですが、、約束の時間より50分遅刻してやって来ました٩( ᐛ )و

5月のカシミールハイシーズンのため、書き入れ時みたいですが…

スーツケース抱えてもう1回タクシー探すの面倒だったので、来てくれただけ良かったと思おう〜(^-^)

アル・バレーは山の上なので、こんな反対車線とすれすれの山道自分で運転する勇気ないし…!(^-^)

f:id:namasteindia:20220823233812j:image

アル・バレーで宿泊したのは、アル・エコリゾート(Aru Eco Resort)という所で、こんな感じのテント宿泊でした☺︎

まさかインドでキャンプするとは思わなかった( ◠‿◠ )笑

f:id:namasteindia:20220824152831j:image

シュリーナガル編でも書いたんですが、カシミールでSIMを買うのはかなり難易度が高く、インド国籍の夫しか買えなかったので、パハルガムのホテルは全部夫がチョイスして予約しました( ◠‿◠ )

とは言え、このキャンプ場は2つ星ホテルらしく、めっちゃ設備が整っていて感動でした…!

テントの中にトイレと洗面台とシャワーがあったよ☺︎

ベッドの中にホットカーペットも完備されていて、Wi-Fiもあってかなり快適でした☆

f:id:namasteindia:20220824152813j:image

夜ご飯と次の日の朝ご飯も付いていて、めっちゃ美味しかった(^-^)

f:id:namasteindia:20220824152902j:image

アル・エコリゾートから15分ほど歩いた所にアル・バレー(谷)があり、のんびりしました☺︎

今回のカシミール旅行の中で、1番行って良かった場所です(*'▽'*)

f:id:namasteindia:20220823213740j:image

f:id:namasteindia:20220823213648j:image

水がとっても綺麗だった…!

f:id:namasteindia:20220824152914j:image

羊を背負ってるのにも遭遇しました。可愛い♡

f:id:namasteindia:20220823213709j:image

f:id:namasteindia:20220824152934j:image

本当の山の頂上まで行くには、さらにここから馬で数時間登るようです。

冬は雪が積もって車で山道を登るのが難しいので、冬にアル・バレーに行くなら馬しか選択肢がないらしい…

ミニスイスと呼ばれている場所はとっても綺麗だそうで、子供が馬に2時間乗れるようになったら行きたいな…!

また、パハルガムへ向かう道には、名産品のサフランのお店がたくさんありました☆

【2日目】アル・バレーからのベタブ・バレー

パハルガム2日目は、アル・バレーからベタブ・バレー(Betaab Valley)まで移動しました!

アル・バレーのキャンプ場まで、タクシーのドライバーが来てくれる約束でしたが、先客を送ってから行くので1時間以上遅刻する、との事だったので、キャンプ場のオーナーが山の下まで送ってくれました☺︎

ハイシーズンでタクシードライバーがなかなかつかまらない上、山を登ってアル・バレーまで来てくれる人を探すのは大変だったので助かりました…!

ハイシーズンなめてました(^o^)

f:id:namasteindia:20220823233717j:image

ここのキャンプ場のオーナーは、なんと料理屋さんも手がけているそうで、オーナーのやってるお店でお昼ご飯にしました(^-^)

Punjabi Rasoi というお店です。

f:id:namasteindia:20220824152950j:image

その後、ベタブ・バレーへ!

元々は違う名前だったそうですが、映画で使われたベタブ・バレーという名前の方が有名になり、今では皆ベタブ・バレーと呼んでいるそうです。

また、パハルガムにはアル・バレー(Aru Valley)、ベタブ・バレー(Betaab Valley)、チャンダンワリ(Chandanwari)という3つのバレー(谷)があって、ABCバレーと呼ばれているそうです☆

チャンダンワリは今回行けませんでしたが、、また次回かな?!☺︎

ベタブ・バレーは公園みたいな感じでした。

めっちゃ広かった。

f:id:namasteindia:20220823232925j:image

この日の宿は、ハイシーズンでホテルの空きが全然なく、agodaで見つけたおじいちゃんの家みたいな所でした。笑

ハイシーズンなめてました(^o^)

おじいちゃんの家から徒歩13分の所に五つ星ホテルがあったんですが、見てる景色は同じはず…!

f:id:namasteindia:20220824153500j:image

f:id:namasteindia:20220823233649j:image

こっちはキャンプファイヤー付き!☺︎

f:id:namasteindia:20220824153739j:image

夫が、星の下で寝るからスター付きホテル…とかなんとか言ってました☺︎☺︎

【3日目】マーケットでお土産購入

パハルガム3日目は、ラベンダーパークに寄ってから、マーケットにお土産を買いに行きました!

カシミールペイントと呼ばれている手描きの模様がかわいい♡

f:id:namasteindia:20220823233521j:image

マーケットのCafé Log Innと言うお洒落カフェでカワティーを頼みましたが、宿のおじいちゃんの淹れてくれたカワティーの方が濃くて美味しかったな…(^^)

夜は、おじいちゃんの家に連泊(^o^)

キャンプファイヤー2回目!

f:id:namasteindia:20220824153808j:image

【4日目】シュリーナガルへ戻る

パハルガム最終日は、朝からタクシーに乗ってシュリーナガルへ戻りました☺︎

バイバイおじいちゃん(^^)/

f:id:namasteindia:20220824154804j:image

最後までご覧いただきありがとうございました!

ダンニャワード(ヒンディー語で「ありがとう」)☺︎

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アジア人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

 

 

 

 

【カシミール6泊7日】水の都シュリーナガル観光!の巻【インド旅行】

ナマステ!夫がインド人の、関西人アラサーりりです(^-^)

出産を機に退職し、専業主婦として育児に奮闘中です☺︎

今回は、約1ヵ月の子連れインド帰省中(1歳8ヶ月)に行った、カシミール旅行レポのシュリーナガル(Srinagar )観光編です!

f:id:namasteindia:20220723170217j:image

 

【前日】念のためPCR検査

ジャンムー・カシミール州は、領土問題のイメージがあってなかなか行けない場所だと思っていましたが…

義実家のあるチャンディーガルの空港からは、シュリーナガル空港までの直行便(LCCのGO FIRST)が出ていました。

1時間ぐらいです☺︎

思ったより近い…!

近いし涼しいので、夫の親族や友達は皆、1回は行ったことがある感じでした。

いろいろおすすめスポット教えてもらいました〜☺︎

f:id:namasteindia:20220723094349j:image

ちなみに、私は今回のGWインド帰省でジャイプールに行きたかったんですが、5月は1番暑い時期らしく、違う季節に行った方が良いよと言われてしまいました(*´-`)

冬服1枚も持ってきてなかったからお義兄嫁さんにニット借りた )^o^(

また、シュリーナガル空港では、PCR検査の陰性証明書を見せる必要がある?!との情報を得たので、前日に義実家近くの病院でPCR検査をしました。

咽頭ぬぐい液、唾液の両方検査して、証明書はメールでもらい、1人450ルピー(約750円)でした。安い!

でも結局、陰性証明書に関して特に聞かれる事はなく、いらなかったです )^o^(

私と子供はインド国籍ではないので、空港で入国カード的な紙(パスポートとビザの番号)の記入だけしました。

【1日目】シュリーナガルでシカラ体験&ニシャットガーデン

シュリーナガル空港に到着後、ホテルに向かいました。

f:id:namasteindia:20220723094515j:image

カシミールでは携帯使えないよと聞いていた通り、デリーで買ったSIMは使えなかったので、空港出てすぐのタクシースタンドで車を手配してもらいました!

Uberも使えないので、タクシーは流しのやつを捕まえるしか…

ホテルに荷物を置いた後、ニシャットガーデン(Nishat Garden)へ!

入場料は大人24ルピー(約40円)

めっちゃ綺麗で大きな庭園でした☺︎

f:id:namasteindia:20220722234002j:image

カシミールの衣装を着て写真撮ってもらいました。

この後いくつか庭園に行きましたが、どこでもやってた(^-^)

f:id:namasteindia:20220723180407j:image

その後、子供が昼寝をし始めたので、SIMを買いに行きました!

アドハーカード(Aadhaar、インドのマイナンバーカード)と証人2人が必要で、めっちゃ面倒くさかったです…

なので私は買えませんでしたm(._.)m

夫曰く、テロリストは足のつかない電話を使うから、簡単にSIMを買えないようにしてるんだとか…

また、ホテルのおじさん曰く、アドハーカードを持っていない旅行者の場合、タクシードライバーと交渉して、その人に買ってもらう方法もあるようです。

その後、シュリーナガル名物のシカラ体験をしました!

この手漕ぎの船の事をシカラと言うそうです☺︎

f:id:namasteindia:20220722234059j:image

行商シカラがいっぱい寄ってきて、指輪とカワティー買いました(^-^)

カシミール名物のカワティー(Kahwa Tea)は、アーモンドやシナモン、サフランなどを煮出したお茶です♡

f:id:namasteindia:20220723094444j:image

夕陽が綺麗だった!

f:id:namasteindia:20220722234034j:image

次回は、ハウスボートに泊まってみたいな〜☺︎

f:id:namasteindia:20220723094458j:image

【2日目〜4日目】パハルガムへ

2日目の朝からパハルガム(Pahalgam)へ行き、〜4日目までパハルガムに宿泊、5日目にシュリーナガルへ戻ってきました。

パハルガムの事はまた別記事で…☺︎

【5日目】パハルガムからシュリーナガル戻り!カシミール料理&ボタニカルガーデン

5日目の昼過ぎにシュリーナガルへ戻り、カシミール料理を食べました(^-^)

シュリーナガルのカシミール料理屋さんベスト5は、いくつかまとめ記事を見た感じ

・Ahdoos Restaurant

・Mughal Darbar

・Alka Salka

・Linz Cafe Srinagar

Lhasa

というお店がランクインしていました!

その内、お昼にAhdoos Restaurant、夜にMughal Darbarに行ってみました☺︎

Ahdoos Restaurantは、高級なホテルって感じでした。

注文聞きに来るの早かったし、おすすめ聞いたら詳しく教えてくれました(^-^)

おすすめケバブがこちら☺︎

f:id:namasteindia:20220723094537j:image

f:id:namasteindia:20220723094549j:image

Mughal Darbarは、重厚感ある老舗のお店って感じでした。

(Mughal Darbar Bakery And Restaurantの方が本店だそうです)

f:id:namasteindia:20220722234149j:image

このお店のおすすめケバブはこちら☺︎

f:id:namasteindia:20220723094602j:image

また、昼ご飯の後は、ボタニカルガーデン(Jawaharlal Nehru Memorial Botanical Garden)に行きました。

入場料は大人24ルピー(約40円)

山を背景にバラが咲いていました。

f:id:namasteindia:20220722234211j:image

広々としていて子供がよく走ってました☺︎

【6日目】日帰りドゥードゥパットリ

6日目は、シュリーナガルから日帰りでドゥードゥパットリ(Doodhpathri)へ!

これもまた別記事で…☺︎

夜は、シュリーナガルのお洒落カフェChai Jaaiでパスタとカワティー(^-^)

かわいい…♡

f:id:namasteindia:20220722234235j:image

f:id:namasteindia:20220723094621j:image

【7日目】シュリーナガル空港へ

最終日は、6日目のドライバーさんが良い人だったので、同じ人に空港まで送ってもらいました。

空港の敷地入ってすぐに、スーツケースと手荷物のX線検査と、車の中のチェックがあったので、一度車から降りました。

チェック後また車に乗って、空港の入口までたどり着きました…!

手荷物の中(おむつポーチの中)に、うっかり子供が拾ったすべすべの丸い石が入っていて、チェック引っかかってしまいましたm(_ _)m

カバンの中の石出して、と言われました、、

紛らわしくて申し訳ない(´-`)

スーツケースに入れておけば、すべすべの丸い石もOKかな…

子供が石じゃなくておもちゃを取られると思って大号泣し始め、チェックの人に石だけだよ〜と苦笑いされました(๑・̑◡・̑๑)

f:id:namasteindia:20220723100042p:image

また、行きと同じ感じで、入国カード的な紙を記入しました。

シュリナーガル空港からチャンディーガル空港まで戻り、再び夫の実家へ〜(^-^)

またねカシミール☺︎

軍の人の印象

シュリーナガルに着いてびっくりしたのは、領土問題が影響しているのか、街中に銃を持った兵士の人が等間隔で立っていた事です。

ニューデリーなどでも、空港や貴金属店の前には銃を持った人が立っていますが、ごく普通の道路で警備をしている場面には遭遇したことがないなあ…

また、夜オートリキシャの運転手さんに「山がライトアップされてますが、あれは何ですか?」と聞いたら「軍の監視地点の明かりだよ」と言われ、数の多さにまたびっくりでした。

これだけ警備して警戒しているって事は、逆に安全なのか……?

f:id:namasteindia:20220723094703j:image

また別の日、庭園までオートリキシャで連れて行ってもらった時、オートの人が私たちを入口の前で降ろそうとしたら、警備していた軍の人に「ここにオートを止めるな、駐車場で降ろして」と言われました。

オートの運転手さんは「自分はずっとカシミールに住んでるカシミール人なのに、外(インドの他の州)から来たやつがカシミール人に何命令してるんだ」と怒っていて、カシミールの人は、軍の人は「外の人」って考えてるのかな〜と感じました。

結局怒りながら駐車場に行ってたけど(^o^)

確かに、入口前に一瞬でもオート停めたら邪魔になるのは分かるけど、これがもしニューデリーとかなら、建物の入口前で普通にお客さん降ろしてるやろな…

そう言う点では、軍は治安維持の抑止力になってるのかな……?

ムスリムの人の印象

カシミールでの挨拶は、ヒンディー語のナマステではなく、アラビア語のAssalamu alaikum (アッサラーム・アライクムでした。

私にはムスリムイスラム教徒)の知り合いがおらず、このカシミール旅行で初めて、子供から大人まで、様々な年代のムスリムの人を街中で見ましたが、思ってたよりヒジャブがカラフルで、みんなお洒落に着こなしていました。

ヒジャブは白か暗い色しかダメなのかと思っていました…!

Wikipediaによると、派手な色や模様のヒジャブは、同じ国の中でも地域によって非難の対象になる場合と、ならない場合があるそうです。また、独身者と、既婚者でどこまで肌を見せるかルールが違うらしいです。)

f:id:namasteindia:20220723100051j:image

ムスリムの人のコラム記事で『女性はヒジャブをして、自分の美しさ(髪や肌)を覆い隠しますが、一方で男性はそんな女性に対して、敬意の気持ちをもって接していくことが大事なのです。』『見た目の美しさにとらわれすぎない事こそが女性を幸せにする』という言葉があり、素敵な考え方やな、と思いました(^^)

服装にルールがある人、食べ物にルールがある人など、色んな考え方に基づいた人がいる事、見た目で差別をしない事を子供には教えていきたいな〜☺︎

カシミールの人の印象

カシミール旅行中、夫に「カシミールの人はやっぱり骨格が違うね、北インド人と顔違うの分かる?」と言われました。

なんとなく北インド人っぽくない、欧米系が混ざったような感じ?の顔の人時々いるな〜とは思っていましたが、骨格が違うとは思ってなかった、、、インドは広い(^-^)

また、庭園のピクニックエリア的な所で座っていたら、北インド人顔の夫と、平べったい顔族の私を見て、カシミール人の子連れパパが話しかけてきました☺︎

カシミール来てみてどうだった?来る前はみんなテロリストだと思ってた?笑」と聞かれました。

そんな事ないよ、来てみて景色も綺麗でいい人多かったよ、また来るねと伝えました…!

「マダムはレー(インドのチベット)から来たの?」とかも言われた☺︎笑

子供がもう少し大きくなって、馬に乗れるようになったらもう一度行きたいな!\(^o^)/

最後までご覧いただきありがとうございました!

ダンニャワード(ヒンディー語で「ありがとう」)☺︎

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アジア人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

 

 

 

 

【インドの避暑地】ヒマーチャルプラデーシュ州3泊4日!の巻

ナマステ!夫がインド人の、関西人アラサーりりです(^-^)

出産を機に退職し、専業主婦として育児に奮闘中です☺︎

今回は、約1ヵ月の子連れインド帰省中(1歳8ヶ月)に行った、義実家と一緒の初めての3世代旅行レポです(^-^)

今までインドには4回行きましたが、いつも1〜2週間の滞在のため、義実家と一緒にインド国内旅行をしたのは初でした☺︎

ヒマーチャル・プラデーシュ州に、3泊4日で行ってきました!

 

f:id:namasteindia:20220716173202j:image

1日目:カソリに到着

ヒマーチャル・プラデーシュ州は、義実家のあるインド北部のチャンディーガルパンジャーブ州)の隣の州で、ヒマラヤ山脈の麓にあります。

チャンディーガル空港発シムラー着の、バスツアーもあるようですが、我々はお義兄さんの運転する車で向かいました。

f:id:namasteindia:20220716105656j:image

お義母さん、お義兄さん、お義兄嫁さん、甥っ子、夫、私、子供の大人5人、子供2人が、乗車定員5名の車になんとか乗り込み出発しました☺︎笑

車にぎゅうぎゅうで乗るのはインドあるあるらしい〜(^-^)

最終目的地は、ヒマーチャル・プラデーシュ州州都シムラー(Shimla)という場所ですが、遠いので1日目はカソリ(Kasauli)という場所で宿泊しました。

f:id:namasteindia:20220716105514j:image

カソリはチャンディーガルから車で2時間ぐらいで、インドがイギリスの植民地だった時代の1842年に、避暑地として整備された場所です。

ヒマーチャル・プラデーシュ州っぽい帽子が売ってました☆

f:id:namasteindia:20220716101142j:image

また、山道を登って行くので、猿がいっぱいいました!

f:id:namasteindia:20220716103226j:image

2日目:シムラーに到着

2日目は、カソリから車で2時間半ほど走って、ついにヒマーチャル・プラデーシュ州の州都、シムラーに到着しました!

シムラー北インドの3大避暑地の1つで、山の斜面にカラフルな家やホテルが建ち並んでいる景色が有名だそうです(^-^)

f:id:namasteindia:20220716101852j:image

f:id:namasteindia:20220716100735j:image

f:id:namasteindia:20220716102240j:image

夜景も綺麗でした!

f:id:namasteindia:20220716102250j:image

夜景を見ながらご飯が食べられる、Cafe Sol というイタリアン料理のお店が良かったです☺︎

f:id:namasteindia:20220716102301j:image

お義兄さんは、Ajay tea stall というインド料理屋さんが美味しい!と気に入って、2日で3回ぐらい行ってました。笑

f:id:namasteindia:20220716102314j:image

シムラーも、インドがイギリスの植民地だった時代に避暑地として整備された場所なので、イギリスを感じる建物が多かったです。

これとか、神戸の北野異人館のスタバにちょっと似てる!?(^-^)

f:id:namasteindia:20220716100706j:image

f:id:namasteindia:20220716102411j:image

さすが避暑地と言われているだけあって、ニューデリーチャンディーガルの気温が38度ぐらいのところ、シムラーの気温は19度ぐらいで涼しく過ごしやすかったです☆

またシムラーには、カールカー=シムラー鉄道(Kalka-Shimla Railway)という登山鉄道が走っています。

f:id:namasteindia:20220716102857j:image

2008年に「インドの山岳鉄道群」として世界遺産に登録されたそうです☆

トイトレインという愛称で呼ばれていて、数ヶ月前から予約しないと乗れないぐらい人気らしい…!

シムラーは山の上なので、木で作った商品が有名だそうです。

こんな感じのネームプレートや…

f:id:namasteindia:20220716102908j:image

調理器具なんかも売っていました!

木製ラッシーミキサーも売ってた☺︎

f:id:namasteindia:20220716102918j:image

ガンジーさんの像もありました。

f:id:namasteindia:20220716100755j:image

馬もいた。

f:id:namasteindia:20220716100804j:image

あと、シムラーは、カソリ以上に猿がいました(^-^)

f:id:namasteindia:20220716100816j:image

木製ラッシーミキサーを使ったラッシーのレシピはこちら(^O^)

www.namasute.life

3日目:ロープウェイとお猿さんを観光

3日日は、朝からロープウェイに乗り、ジャクー寺院(シュリー・ハヌマン・マンディア・ジェイクー/Shri Hanuman Mandir Jakhoo)というお寺に行きました。

ジャクー寺院には、遠くからでもよく見える、大きいハヌマンが祀ってあります!

f:id:namasteindia:20220716102550j:image

ロープウェイ乗り場に行くまでに、かなりの坂を登るんですが、レンタルベビーカーがあったので借りてみました☺︎

甥っ子が押してくれてめっちゃ楽だった( i _ i )!

f:id:namasteindia:20220716100853j:image

ロープウェイ乗り場前にアミターブ・バッチャン像が…!

f:id:namasteindia:20220716100902j:image

ロープウェイからの景色、ミニチュアの家みたいで良かったです!

f:id:namasteindia:20220716100912j:image

ジャクー寺院では、猿の神様のハヌマンを祀っているだけあって!?、めちゃくちゃ猿がいました(^-^)

だれかショールを取られてた、、笑

f:id:namasteindia:20220716102502j:image

子供が猿を触りかけて、威嚇され、大号泣でした☺︎笑

4日目:チャンディーガルへ帰宅

4日目は、朝から車でヒマーチャルフルーツを食べ食べ帰宅(^-^)

f:id:namasteindia:20220716103255j:image

最後までご覧いただきありがとうございました!

ダンニャワード(ヒンディー語で「ありがとう」)☺︎

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アジア人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

 

 

 

 

【子連れインド帰省】ニューデリー観光3泊4日!の巻

ナマステ!夫がインド人の、関西人アラサーりりです(^-^)

出産を機に退職し、専業主婦として育児に奮闘中です☺︎

今回は、約1ヵ月のインド帰省中、子連れ(1歳8ヶ月)でニューデリー観光したスポットをまとめてみました☆

ちなみに、抱っこ紐、ベビーカーは持って行きませんでした。

抱っこ紐は1歳になる前から拒否され、ベビーカーも1歳越えてから全然乗ってないので……

子供が歩かない時は、夫と交代で抱っこ移動していました。

毎日筋トレ…!☺︎

ベビーカー、観光中に昼寝した時のベッド代わりにしたら便利だったかも(^-^)

f:id:namasteindia:20220620221653j:image

 

【前泊】

羽田空港内のロイヤルパークホテルに宿泊。窓から富士山も見え……ます…!

ターミナルビルの中にホテルあるってめっちゃ有難いね!m(_ _)m

f:id:namasteindia:20220616125334j:image

【1日目】ハウツカズで南インド料理!

羽田空港〜デリーへ到着!☺︎

f:id:namasteindia:20220616125747j:image

機内で過ごした8時間は、絵本読む→お絵かきとシール貼りトーマスのおもちゃ並べる→お菓子食べながら機内のテレビトム&ジェリーのアニメ1話見る…みたいな感じのローテーションで回して、子供は1時間半昼寝しました(^-^)

1分絵本、探す遊びや短いお話が載ってて役立ちました☆

デリー空港到着後、ハウツカズ(Hauz Khas)へ!

f:id:namasteindia:20220616125658j:image

夜ご飯は、Naivedyam Restaurantで南インド料理を食べました☺︎

子供はドーサドーサ言って、めっちゃドーサ食べていました。

クレープ生地で子供ウケするんかな〜(^o^)

f:id:namasteindia:20220616125557j:image

【2日目】ロータス寺院、ディリーハート

ニューデリー観光2日目は、ロータス寺院(Lotus Temple)へ!

形が可愛いお寺です♡

f:id:namasteindia:20220616130444j:image

お寺の中は写真撮影禁止でした。

お花も道も綺麗に手入れされていて、歩きやすい!

f:id:namasteindia:20220616125936j:image

その後、ディリーハートと言うクラフトマーケットに行こうと思い、オートリキシャの人に連れて行ってもらったんですが、、、

デリーハートCCI(Delhi Haat Craft.Cottage.Industries)と言う偽スポットでした☺︎︎笑

本物は、ディリーハートINA(Dilli haat INA)と言います!

偽スポットとは言え、デリーハートCCIで売られていたものは、ハンドメイドでとっても質が良かったです。

ただお高い( i _ i )

2ヶ月かけて手縫い刺繍されたベッドシーツ2万円〜、大理石に描かれたインド細密画(ミニアチュール)1万円~、とかでした。

f:id:namasteindia:20220616130054j:image

適正価格が分からず、結局買いませんでしたが、その後インド細密画を売っているお店に巡り会えなかったので、買っても良かったかな~~( ͡° ͜ʖ ͡°)

室内だったので、冷房効いてたのも良かったです(^-^)

ちなみにお店を出たら、私たちを連れて来たオートリキシャの人がまだ居て「何か買った?ホテルまで送ろうか?」と話しかけてきました。

夫いわく、お客さんを連れて来たらマージンが入るんやろな〜(^o^)とのことでした。

インドあるあるかな〜?☺︎

ハウツカズのCoast Caféというおしゃれカフェで食事した後、ようやく本物のディリーハートINAへ!

f:id:namasteindia:20220616130207j:image

ミティラー画いっぱい売ってました♡

f:id:namasteindia:20220616130315j:image

ハウツカズから、アショークホテル(Ashok Hotelというお値段リーズナブルな5つ星ホテルへ移動♡

f:id:namasteindia:20220616130412j:image

【3日目】国立鉄道博物館、友達のお宅訪問

ニューデリー観光3日目は、子供が5時に起きたので、ホテル近くのグルドワラ(Gurudwara Shri Bangla Sahib)で朝の礼拝をしてから朝ご飯にしました。

Googleマップには朝8時〜深夜0時の営業時間と書いてありますが、朝7時に行った時点で開いてました☆

f:id:namasteindia:20220620212422j:image

シク教の礼拝所なので、髪の毛はショールで隠すのがマナーだそうです!

f:id:namasteindia:20220620212436j:image

靴と靴下を預けて、足を水で洗ってから礼拝所に入ります。

礼拝所の中は写真撮影禁止で、礼拝後、20ルピーでアタ粉のハルワ(お菓子)を買って食べました☺︎

今回のインド帰省で感じたのは、インドの人は全体的に子供に優しいと言うか、めっちゃ話しかけてくれるし、アメとかチョコとか、お菓子めっちゃくれます。

礼拝所で靴を預けた時、ハルワを買った時、靴を返却してもらった時、、子供用にアメをもらいました\(^-^)/

その後、子供がトーマス好きなので、国立鉄道博物館(National Rail Museum)へ!

f:id:namasteindia:20220620212500j:image

京都鉄道博物館と比べたらクオリティーは多少劣るかもですが、ミニチュア模型があったり、ボタンを押したり、電車に乗って庭内を回ったりもできて良かったです◎

f:id:namasteindia:20220620212514j:image

ただ屋外はめっちゃ暑いので、外に展示してある電車は流し見って感じでした(^-^)

ホテルへの帰り道、日本食レストランが入った、ザ・チャナキャ(The Chanakya)というショッピングモールがあったので、寄ってみました!

うどんとみそ汁頼みましたが、ちょっとインド風アレンジが効いてました(^-^)

なんと、みそ汁単品で700円だった…!

f:id:namasteindia:20220620212534j:image

このモール、エルメスとか入ってて、ニューデリーの富裕層向け百貨店なんかな〜って感じでした!(*^o^*)

f:id:namasteindia:20220620212547j:image

その後、ホテルから車で30分のグルガオンへ!

お洒落カフェで夫の友達夫婦と待ち合わせして、友達の新居へお邪魔し、ベンガル料理をご馳走になりました(๑❛ᴗ❛๑)

f:id:namasteindia:20220620212629j:image

グルガオンのカフェ、とってもお洒落でレベル高かったです…!

f:id:namasteindia:20220620212613j:image

ボリウッドミュージカルが体験できる、キングダム・オブ・ドリームズもおすすめです♡

もう1回行きたいな〜〜(^-^)

www.namasute.life

【4日目】夫の実家のチャンディーガルへ!

ニューデリー観光4日目は、デリー駅から電車で夫の実家のチャンディーガル向かいました。

ちなみに、電車で4時間かかります。笑

飛行機だと1時間ですが、いい時間帯の便がなく…( i _ i )

でもまあ、飛行機に比べると、電車の椅子の方が大きいので、ソファーみたいな感じでゆったり座って過ごせました☆

また、タージマハルも行きたいな(^-^)

www.namasute.life

最後までご覧いただきありがとうございました!

ダンニャワード(ヒンディー語で「ありがとう」)☺︎

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アジア人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

 

 

 

 

スポンサーリンク