踊らないインド人と踊る日本人

踊らないインド人と踊る日本人

インド人の夫との日々の事など

インドの結婚式!ヒンドゥー教の宗教婚レポの巻

Ads by Google

ナマステ!

夫がインド人の、関西人アラサーOLりりです(^-^)

最近、夫の友達(インド人)の結婚ラッシュが来ています(*´▽`*)

ちなみに、みんなお見合い結婚です。

と言うか、インドでは約8割がお見合い結婚です。

友達の中には、彼氏・彼女がいて、恋愛結婚をしようと考えている人もいます。

でも、親の世代はまだまだお見合い結婚がベストだと思っている人が大多数なので、どうなるのかな…

個人的にはめっちゃ応援しています!

お見合い結婚は、まず、親がお見合い候補者2〜3人を決め、実際に会ってみて、最終的に1人に決めて結婚!という流れだそうです。

家柄や学歴などが釣り合っているかどうか、が相手を選ぶ基準らしいです。

お見合い相手を新聞広告で募集する場合もあります!!!

これがその実際の新聞広告です(゚o゚)!

花婿募集中

f:id:namasteindia:20181220180323j:image

花嫁募集中

f:id:namasteindia:20181220180328j:image

これは同じ新聞に載ってたのび太くん☺

f:id:namasteindia:20181220180343j:image

私は日本で結婚式をしたのですが、インドでもヒンドゥー教の婚礼の儀式(宗教婚)を行いました!

では、いったいどんな儀式だったかを紹介していきます〜\(^-^)/

 

実体験☺ヒンドゥー教の婚礼の儀式レポ

①まずは準備

まず、私のドレス・夫の正装服・指輪・アクセサリーを買いに行きました。

インドで結婚式は一大イベントなので、少し大きな繁華街には必ず、ドレス屋さんやアクセサリー屋さんがあります。

アクセサリー屋さんの前には、銃を持ったガードマンの人がいます〜Σ(・□・;)

f:id:namasteindia:20181220180425j:image

あと、司祭さんやメイクさん、カメラマンの人も手配します。

プロカメラマンの卵みたいな人にお願いしたので、めっちゃお得なお値段でした。

「メヘンディ」というボディーアートもしました!

隙間ができると良くないそうで、しっかり描きこまれました(^-^)

f:id:namasteindia:20181220180816j:image

メヘンディは「消えるタトゥー」とも呼ばれていて、1週間ぐらいで模様は消えます。

日本でもメヘンディアートをしてくれるお店があるので、ぜひやってみてください♡

インド人同士のカップルだと、結婚式にだいたい30人〜1000人ぐらい人を呼ぶので、長い人だと1週間結婚式が続きます(笑)

夫の兄の結婚式では、兄は白馬に乗って登場したそうです☺︎

白馬ってどこで調達するんだろう…

②婚礼の儀式スタート!まだ見ちゃダメ!

婚礼の儀式の後は披露宴的な感じで食事をするケースが一般的だそうですが、我々は家族のみで儀式をしたので、食事はなしで、場所も夫の実家で行いました。

司祭さんとか、メイクさんも家に来てもらいました☆

ドレスに着替えて、メイクさんにインド式メイクをしてもらったら、婚礼の儀式がスタートします。

婚礼の儀式が始まっても、新郎は、まだ新婦を見ちゃダメです。

なぜかカーテンを思い出しました☺

f:id:namasteindia:20181221190438j:image

③指輪の交換

指輪を交換します。

f:id:namasteindia:20181221190452j:image

ちなみに、新婦は初め新郎の左側に座りますが、婚礼が終わったら右側に座ります。

④手首に赤い糸を巻く

次に、ミサンガみたいな感じで、司祭さんが手首に赤い糸を巻いてくれます。

f:id:namasteindia:20181221190523j:image

⑤花輪の交換

次に、花輪を交換します。マリーゴールドかな?

インドで花輪は、聖なるものだそうです!

f:id:namasteindia:20181221190506j:image

⑥司祭さんのお話

司祭さんのありがたいお話タイム。

ヒンディー語があまり分からないため、雰囲気で…

f:id:namasteindia:20181221190731j:image

⑦糸を切って、スカーフを結ぶ

ここで、再び赤い糸が登場します。

2人で糸を引っ張って切るのですが、なかなか切れませんでした(笑)

切った糸で、2枚のスカーフを結びつけます。

f:id:namasteindia:20181221190559j:image

⑧手乗りマンゴー

マンゴーを持ったり…

f:id:namasteindia:20181221190542j:image

⑨お米を火の中へ

お米を聖火に投入します。

f:id:namasteindia:20181221191106j:image

⑩聖火の周りを回る

聖火の周りを回ります。確か7周だったかな…

f:id:namasteindia:20181221190724j:image

⑪フラワーシャワー

マリーゴールドが降ってきました☆

⑫お菓子を食べる

ファーストバイトみたいな感じです(^-^)

⑬赤い粉を額に付ける

インドの女性が額に赤い〇印を付けているのを、見た事がある人もいるのではと思いますが、あの〇印は既婚の印だそうです。

⑭足に触れる

足に触れるのは、インドでの最高の敬意の表し方だそうです。

親や家族、司祭さんの足に触れます。

目上の人を敬うのは、インドの良いところだと思います☆

これで、婚礼の儀式は終了です!

そのあと外に出て、写真タイムが始まりました。

f:id:namasteindia:20181221190949j:image

f:id:namasteindia:20190222204703j:image

やっぱりいいカメラはキレイに撮れますね(^-^)

カメラマンの腕が良かったのかな☺︎

かかった費用

かかった費用は…

指輪2万×2個、新郎新婦衣装各1万×2、司祭さん3万、カメラマンに4万などで、トータル20万円弱でした。

必要最低限の事しかしてないので、お安く抑えられたと思います☆

インド人同士だと、新婦側がお金を払う(新婦の家で儀式が行われる事が多い)そうですが、私は1ルピーも払っておりません☺笑

逆に、わざわざインドに来てくれてありがとうという事で、お義母さんから金のネックレスをもらいました〜\(^o^)/

★日本での入籍手続き方法はこちら★

インド人彼氏がいる方の参考になればいいな♡

www.namasute.life

最後までご覧いただきありがとうございました!

ダンニャワード(ヒンディー語で「ありがとう」)☺

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アジア人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク