踊らないインド人と踊る日本人

アート好きにおすすめ!チャンディーガル観光の巻

Ads by Google

ナマステ!

夫がインド人の、関西人アラサーOLりりです(^-^)

インドと言ったら、デリー(首都)・アグラ(タージマハル)・ジャイプール(世界遺産がたくさん)を結んだゴールデン・トライアングルルートを思い浮かべる人が多いかと思うのですが、、

インド人にとっては、全然ゴールデンじゃないようです(°▽°)笑

夫や友達のインド人達いわく「タージマハルは観光客ばっかり」で、ゴールデントライアングルには入っていないけど、あの有名なガンジス川も「外国人がヤクをやりに来てて治安が悪い」とかで、あまりおすすめはできないそうです…(´ω`)

逆に、インド人によるインドのおすすめスポットは、インドのハワイと呼ばれているケララ州、南アジアのスイスと呼ばれているカシミール地方などが挙がりました(^-^)!

ここでは、さらにインドマニアになれる?!アートな街、チャンディーガルについて紹介します♬

 

チャンディーガルへの行き方

チャンディーガルへは、首都のニューデリーから飛行機または電車で行く方法があります。

おすすめは飛行機です!

1時間で行けるし、マイルも貯まります。(エアインディアならANAマイル)

f:id:namasteindia:20181212184604j:image

電車は4時間かかるのでゆっくり寝れます☺

チャンディーガル市内での移動は、リキシャやUberタクシーがおすすめです!

f:id:namasteindia:20181212184821j:image

アートな街、チャンディーガルの見どころ

チャンディーガルは、世界的建築家のル・コルビジェ氏による「輝く都市」計画に基づいて建設された都市なので、建物がオシャレです!\(^^)/

例えば、セクター1にある議場棟も、ル・コルビジェ氏設計なので…こんなにスタイリッシュ!✨

f:id:namasteindia:20181212201343j:image

チャンディーガルは、京都のように、碁盤の目のような感じで各区があり、セクター○○と数字が振られているので分かりやすいです。

さらに、街を人体に見立てて設計しているそうで、セクター1が頭部、セクター17のレストランなどのショッピングモールは心臓部…とされているそうですo(^o^)o

ちなみに、日本にもル・コルビュジエ氏の建築作品が1つあるんです!!

東京都の上野公園内にある「国立西洋美術館」がそうです。世界文化遺産にも登録されました☆

f:id:namasteindia:20181212201354j:image

不思議空間へようこそ!ロックガーデン

チャンディーガルの見どころと言えば、セクター1にある「ロックガーデン」です。

ここは、ひと言で言うと石でできている公園です。めっちゃシュールでめっちゃ広いです☺

芸術家であり、建築家でもあるネック・チャンド氏が廃材を集めて作った公園なんですが、石でできたたくさんのシュールな像に会えます。

こちらが制作者のネック・チャンド氏。

f:id:namasteindia:20181212204914j:image

ゆるキャラっぽい(^-^)

f:id:namasteindia:20181212190303j:image

さらに滝があったり

f:id:namasteindia:20181212190314j:image

巨大ブランコまであります。

f:id:namasteindia:20181212185120j:image

廃材がアートなテーマパークになるなんて、アイディアってすごい\(^o^)/

まるで琵琶湖?スクナ湖

他にも、セクター1には「スクナ湖」という綺麗な湖があります。日本で言うと琵琶湖ですね!笑

ボートが浮かんでいて、とてもキレイな湖です。

f:id:namasteindia:20181212185339j:image

その他おすすめスポット

他にも、セクター29の近くにはElante mall(エランテ・モール)と言う巨大ショッピングモールがあります。

f:id:namasteindia:20181212190234j:image

高級ブランドも入っていたので、百貨店的な感じかな?

スワロフスキーが50%オフセールをしていました!

パイレーツ・オブ・カリビアン的な飲食店なんかも入ってます(^-^)

f:id:namasteindia:20181212190219j:image

スラム地区との付き合い方

チャンディーガルは”City Beautiful”という愛称で呼ばれていて、インドで一番綺麗な街だと言われています。

街にはあまりゴミが落ちていなくて綺麗ですし、牛も少ないです(笑)

でも、そんなチャンディーガルにさえスラム地区は存在しています。

実際に私が行った時も、赤信号で車が停まっていると、子供たちが車の窓をノックしてハンドスピナーを売ろうとして来ました。

初めてそんな子供たちに遭遇した時、本当に生まれた場所なんて運だなあ…って思いました。

夫はインド人だからこそ?そんな子供たちに対しては厳しく、「可哀想に思って物を買ってしまうと、仕事なんてしなくても簡単にお金が手に入るって思うから、絶対買わないでね」と言っていました。

スラムの子供たちが勉強できるような環境が整えば、インドはさらに発展することでしょう…(^-^)

観光で行くなら、リキシャやUberタクシーなどで移動する事がほとんどだと思われるので、あまりスラムを感じることはないです★

インドっぽくないチャンディーガルに、ぜひ一度行ってみてください\(^-^)/

最後までご覧いただきありがとうございました!

ダンニャワード(ヒンディー語で「ありがとう」)☺

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アジア人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク