踊らないインド人と踊る日本人

ストレス解消にもおすすめ☺︎消えるタトゥー「メヘンディ」のやり方!の巻

Ads by Google

ナマステ!

夫がインド人の、関西人アラサーOLりりです(^-^)

4月になりましたね☺︎

新年度が始まり、新しい環境や人間関係に慣れるまで、少し気分が重かったりしませんか?(*´-`)

私も、転職して初めての新年度が思ってたよりめっちゃ残業多くて、ブログの頻度が1週間に1回から、2週間に1回になりつつあります…。゚(゚´ω`゚)゚。

そんな日々のストレス解消になるのが、「メヘンディ(ヘナタトゥー)」です!!

集中して細かい模様を描いた後のスッキリ感は、リフレッシュになりますよ〜(^O^)

 

メヘンディってなーに?

メヘンディとは、ヒンディー語で「ヘナで肌に模様を描く」という意味です。

ヘナとは、砂漠地帯で育つ植物で、5000年もの昔から、白髪染めやマニキュア代わりの染料として使われています。

ヘナでトリートメントをすると、頭皮の毒素が排出されるとも言われています☺︎

f:id:namasteindia:20190410220127j:image

インドでは、結婚式の時に、女性が手や足にメヘンディを描くのが一般的で、濃く染まるほど幸せになれると言われています。

f:id:namasteindia:20190411121701j:image

また、メヘンディは1週間〜2週間ほど模様が消えないことから「ヘナタトゥー」「ヘナアート」とも呼ばれていて、消えるタトゥーとして、日本でも徐々に浸透してきています♡

ただ、特に海外でメヘンディ(ヘナタトゥー)をしてもらう時は少し注意が必要です。

ヘナに化学薬品を混ぜて、黒っぽい色味を出し、より本物のタトゥーっぽく見せる「ブラックヘナ」というメヘンディがあるのですが、肌が荒れてしまったり、肌質によっては火傷のような跡が残ってしまうので注意です!

100%天然のヘナが使われているお店を選びましょう☆

メヘンディのやり方①ヘナペースト作り

メヘンディの大まかなやり方は、ペースト状にしたヘナを、チョコペンみたいな感じで肌に乗せ、乾いた後ペーストをはがすと、模様が染まっている✨という流れです☺︎

では、どうやってヘナペーストを作るか見ていきましょう!

まず、ヘナのパウダーを準備します。

ネットでも1000円前後〜売っていますし、インドでも約10円〜売ってます☺︎

f:id:namasteindia:20190410220237j:image

次に、ヘナパウダー大さじ2杯を茶こしでこして、大さじ4杯の水を加えて、スプーンで混ぜていきます。

f:id:namasteindia:20190410220318j:image

ダマをつぶす感じで、ツヤが出るまで10分ほどよく混ぜます。

ペーストの水気が多いと上手く色が出ないので、スプーンからゆっくり7〜8秒かけて落ちるぐらいの、固めの方が良いです。

f:id:namasteindia:20190410220335j:image

1日寝かせると、より滑らかになるとも言われています!

ヘナペーストをいい感じの固さで作るには、練習あるのみだそうです…☺︎

感覚を養うために、メヘンディのワークショップや講座に通うのもありだと思います☆

メヘンディのやり方②ヘナコーン作り

続いてこちらが、メヘンディを描くためのペンです。「ヘナコーン」と言います!

f:id:namasteindia:20190410220347j:image

セロファンを円錐形にくるくる丸めて、3分の2ぐらいの深さまでヘナペーストを中に詰めて、テープで留めます。

ヘナコーンの状態でも売っているので、すぐ描きたい!という時に便利です☺︎

私は、マライカにて1本120円でゲットしました♡

f:id:namasteindia:20190410220358j:image

メヘンディのやり方③メヘンディアート

いよいよメヘンディを腕や体に描いていくのですが、メヘンディのモチーフには、それぞれ意味があります。

例えば、インドでも人気のモチーフの「クジャク(ピーコック)」は、愛・幸運・人間関係という意味があります。

f:id:namasteindia:20190410220934j:image

描きたいテーマやモチーフを決めて、まずは紙にドットや直線を描いて練習してみてから、肌に描くのがおすすめです。

描く前にレモン汁で肌を拭いておくと、発色が良くなるそうです!

また、ヘナペーストは乾くとポロポロ落ちてくるので、肌に描いた後は、サージカルテープを貼って寝てしまうのがおすすめです☺︎

翌朝テープをはがせば、メヘンディがキレイに染まっていることでしょう♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

腕や体のほかにも、メヘンディで模様を描いてコースターを作ったりするメヘンディアートもおすすめです!

こちらは、メヘンディアートのワークショップで作った板です☺︎

f:id:namasteindia:20190410221050j:image

鉛筆と定規を使って、等間隔に薄く下書きの線を描いて、その線に沿って描いていきました✨

ニスを塗ると、乾いてもメヘンディがポロポロ落ちてくることはないですし、また雰囲気が変わります!

食品衛生法適合のニスを使えば、トレーとしても使えます◎

f:id:namasteindia:20190410221107j:image

ちなみに、そのメヘンディのワークショップで教えていただいた先生の作品がこちらです!

f:id:namasteindia:20190410221143j:image

細かい……!!!!!

私も練習して、このレベルに達したいと思いました♡

初めは、本に載っているデザインを真似して描くのがおすすめです☆

メヘンディのやり方④上手く描くコツ

メヘンディを上手く描くコツは、ペーストをブリブリ出す事です!!!

もったいないと思って少しずつ出すと、線が途切れてしまいます…(実体験)

ブリブリ出すと、線に強弱がついてメリハリが出るので、なんとなく良い感じになります♡

ぜひ、夏のお洒落や、リフレッシュしたいときにメヘンディをやってみてください☆

最後までご覧いただきありがとうございました!

ダンニャワード(ヒンディー語で「ありがとう」)☺︎

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アジア人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク