踊らないインド人と踊る日本人

【婚活・恋活】出会いの体験談!の巻

Ads by Google

ナマステ!

夫がインド人の、関西人アラサーOLりりです(^-^)

家の大掃除をしていたら、付き合っていたときに夫にあげた誕生日カードが出てきました☺︎笑

パソコンから懐かしい写真も出てきたので、出会い~結婚までの流れについて書いてみようと思います\(^o^)/

f:id:namasteindia:20200522164613j:image

まずは出会い編です!

夫とは、婚活に燃えていたときに出会いました。

街コン、お見合いパーティーマッチングアプリ、県のやっている結婚相談所的な出会いサポートセンターへの登録など、ひと通り試してみました♡笑

待ってても王子様は来ないって悟ったので…(誰)

ここでは、出会う方法のメリット・デメリットについてお伝えします。

最近は新型コロナの影響で、オンライン合コンやオンラインデートなどが増えているようですが、ネットでも最初から顔が分かる新しい形の出会いだなと思います(^-^)

 

街コンのメリット・デメリット

街コンは、お昼の時間帯に居酒屋さんを貸切って開催されている&友達と2人で参加するパターンが多いように思います。

お互い友達と一緒に参加することで、どんな感じの友達がいるか分かるので、なんとなく相手の交友関係が分かることがメリットです!

アプリだと実際に会うまで顔が分かりませんが、最初から対面なので、顔が始めから分かるのもメリットです。

また、本日の漁場についての本音を友達と言い合うことで、絆が深まることでしょう…( ˘ω˘ )

f:id:namasteindia:20200522164553p:image

「正直あの人あやしくない?」など、沼にハマる前に誰かの意見をすぐ聞けます◎

デメリットとしては、街コンの参加費は結構高いです。

当時、安くても飲みもの付き2,500円~、食事付きだと3,000円~とかでした。

また、身分証の確認も免許ぐらいで誰でも気軽に参加できるため、自分が行った街コンに、どんな人が参加しているかは運しだいなので、、かけた時間とお金の割にリターンが少ないように思いました(個人の感想)

リッツカールトンで開催された大規模な街コンイベントにも行きましたが、立食スタイルで自分から声をかけに行く感じだったので、チキっておりました(´・・`)

f:id:namasteindia:20200522164346j:image

友達と狙っている人がかぶることもあったり、都市部で開催されている街コンだと他県の人とのと出会いが多く、地元志向の私にはあまり街コンは向いていませんでした。

お見合い(婚活)パーティーのメリット・デメリット

婚活パーティーは、パーティー運営会社が所有している会場(いつも同じ場所)で行われることが多いです。

大卒以上、車を持っている事、年収○万以上~など、いくつか参加条件があり、参加費もパーティーごとに違います。

「男性は医者限定、女性は社会人ならOK」みたいなパーティーだと、男性2,000円、女性5,000円とかだったような…

婚活パーティーはパーティーを選ぶことで、街コンより、自分の希望している条件の人と出会う確率が上がることがメリットです。

また、異性全員と話すことができるようになっているのも良い点です◎

f:id:namasteindia:20200522165329p:image

 初めに異性全員と5~10分の「自己紹介タイム」があり、次に、席の移動が自由にできる「フリートークタイム」(10分×2~3回)が始まり、最後にいいなと思った人の番号を書いてカップリング発表、というパターンが多いです。

自己紹介タイムで、面接のようにいかに相手に良い印象を持ってもらえるかが、フリートークタイムへ繋がるポイントです。
おすすめは、地元ネタです!
5分でお互いの共通点を見つけるのは難しいですが、よく行くエリアなどの話をすると盛り上がりやすいです。

みんな緊張しているのは一緒なので、笑顔を見せると良いかも!

デメリットは、ハイスペックな相手を見つけようとした場合、パーティー参加費がかさむことと、カップリング発表でカップルになれなかったときの絶望感がすごいことです( ˘ω˘ )笑

自分の番号が呼ばれなかったときは、、次こそ!という素早い心の切り替えが必要かもです。

お坊さんや社長など、普段は出会えないような職業の人と出会えるのは良い点だと思いました。

マッチングアプリ(恋活アプリ)のメリット・デメリット

マッチングアプリは、お互いにいいねを押し合うとマッチングし、メッセージ交換ができるようになります。

メリットは、「絞り込み検索」の機能があるため、年齢・学歴・出身県・喫煙習慣の有無など、細かく設定ができるところです。

婚活パーティーでもプロフィールカードを書きますが、マッチングアプリでは自分にとっての「ここだけはゆずれないポイント」を満たした人だけを探すことができるので、とても効率的です…( ˘ω˘ )

f:id:namasteindia:20200522165200p:image

また、女性は無料なのに対して、男性は月額2,000円~とかだったので(当時のペア○ズ)、本当に出会いを求めている人が登録しているのかな、と感じました。

写真を見ても、本当に普通の人ばかりで、アプリに対して抱いていたマイナスイメージはだいぶ払拭されました。イケメンもいました!☺︎笑
デメリットは、写真と実際に会ったときに顔が違う問題、プロフィールを盛ってる人を見破りにくい問題などです。

アプリで何人か会って付き合ったこともありますが、会うまでに、アプリ内でメッセージ交換を毎日1~2回、 1 か月半続け、信頼できると感じたら、ラインの ID を交換するようにしていました。

ラインに移行してからも、3週間ほど毎日やり取りをし、見極めてから会うようにしていました!
マッチングアプリをやると、危機管理能力(この人ヤバいセンサー)を高めることができます!?

結婚相談所のメリット・デメリット

結婚相談所のメリットは、身元のしっかりした人と出会えることです!

私は県がやっている出会いサポートセンターに入会していたのですが、入会時に独身証明書の提出が必要でした。

大手のところ(ツヴァイとか)だと、大学の卒業証明書のコピー、会社の源泉徴収票のコピー等の提出も義務付けられているようです。

デメリットは、月会費約1万円の割に、1ヶ月で出会える人数がそこまで多くないという点です。

サポーター(カウンセラー)の人に紹介してもらえるのは、入会コースにもよりますが、1ヶ月で2人~とかでした。

でも、数より質なのかな…

ネットで、その相談所の会員のプロフィールを閲覧できるので、マッチングアプリのような感じで相手を探し、お見合い申し込みをすることもできます。

サポーター(カウンセラー)の人に自分の求めている人物像や、将来設計などを細かく話て、いい感じの人を紹介してもらえるよう繋ぐことがポイントかもです◎

外国人と出会う方法

夫と出会ったのは国際交流パーティー的なところですが、マッチングアプリの絞り込み検索機能で、「出身県」→「その他」で検索すると、外国人の人が浮上してくることが多いです。
外国人の人は職場以外のコミュニティーがなかったり、出会いの場が限られているので、アプリに登録して出会いを探している行動的な人がいたりします。
また、料理屋さんなどに通って情報収集するのも良いと思います◎

旦那さんがインド人シェフで、奥さんが日本人で注文を聞きに来られるお店などもあるので、まずは奥さんから仲良くなって、誰か紹介してもらったり…簡単なヒンディー語で注文してみたり…
料理屋さんだけではなく、ヨガやベリーダンス教室に通って、そこの先生と仲良くなってみるなど、気になる国の文化に飛び込んでみると道が開けるかもです。
ベリーダンスの先生は、バイヤーも兼ねておられる事が多く、インドへ衣装を調達しに行かれている人もいます。現地の話を聞いておくと、もし出会いがあった時に話のネタになりますし、「詳しいね」と打ち解けやすくなります。
また、英会話カフェのワンコインレッスン街コンの国際交流パーティーなどに参加してみたりなど、活動的に行動することが大切です。

f:id:namasteindia:20200522165639p:image

職業(年収)・身長・学歴・顔面偏差値などが全て「平均」である「普通の人」はとても少ないと言われています。
だいたいどこかが欠けているので、その欠点をどこで補うか、何を妥協するか、逆に自分は何を一番重視しているのかを考え直してみることが大切です。

素敵な出会いがありますように…

最後までご覧いただきありがとうございました!

ダンニャワード(ヒンディー語で「ありがとう」)☺︎

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アジア人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク